スーパーGT Rd.3 鈴鹿サーキットの観戦レポートー決勝編ー

スーパーGT Rd.3 鈴鹿サーキットの観戦レポート

まさぴよ

こんにちは
ブログ管理人のまさぴよです

まさぴよ

鈴鹿サーキットで開催されたスーパーGTの決勝のレポートをするよ

かなぴよ

450㎞の長いレースはどうなったのかな?

目次

スーパーGT Rd.3 鈴鹿 決勝

 予選の翌日、ドライコンディションで決勝が行われました。

どんな結果になったのか、さっそく振り返ってみましょう。

GT500クラス

 決勝は予選日よりも雲がおおいものの、気温28℃と高い気温コンディションで決勝がスタートしました。

GT500クラスから順調にスタートをしていき、予選順位のまま周回を消化していく展開となりました。

ヘアピンで「UPGARAGE NSX GT3」のリアタイヤが外れるアクシデントが発生したため、FCYが導入された後SCへと変更されました。大きな混乱もなく、13周目にレースは再開されました。

レースが動き始めたのは、27周目。「WedsSport ADVAN GR Supra」がピットイン。トップを走る36号車「au TOM’S GR Supra」が30周目にピットインし、コースに復帰すると「WedsSport ADVAN GR Supra」が逆転しアンダーカット成功。これで19号車がタイヤ交換組のトップに立ちます。

 すでに1回目のピットストップでドライバー交代を終えていた「WedsSport ADVAN GR Supra」は47周目に2度目のピットストップを敢行し、短い作業時間でコースに復帰した時には、ピット2回消化したチームのなかでトップに浮上しました。

 見かけ上のトップを走行していた「Niterra MOTUL Z」が2回目のピットストップを長引かせているなか、59周目に今回のレース最大のアクシデントが発生します。

 シケイン飛び込みのブレーキングで「MOTUL AUTECH Z」が、「Bamboo Airways ランボルギーニ GT3」「apr GR86 GT」と絡んでのクラッシュが発生します。すぐにSC導入が宣言されましたが、クラッシュによるコース復旧のために赤旗中断となりました。そのまま再開不可能と判断され、60周完了時点でレース終了の大荒れのレースとなりました。

 レース終了後、「Niterra MOTUL Z」が優勝と発表されました。しかし、ピットストップを1回しかしていないのでほかのチームから抗議されます。結果、2回ピットストップ完了組の「WedsSport ADVAN GR Supra」が優勝と訂正されています。

 ピットストップ消化義務について、明文化されていなかったのが混乱の原因のようです。このあたり規則でしっかり決めてほしいものですね。

スクロールできます
順位チーム車両タイヤベストタイム
1WedsSport ADVAN GR SupraTOYOTA GR Supra GT500ヨコハマ1’49.436
2au TOM’S GR SupraTOYOTA GR Supra GT500ブリヂストン1’48.321
3MARELLI IMPUL ZNissan Z GT500ブリヂストン1’49.914
GT500クラス 決勝結果

GT300クラス

 GT500クラスにつづいてGT300クラスがスタートします。

ポールポジションを獲得した「SUBARU BRZ R&D SPORT」が序盤からペースをあげることに成功し、序盤に2位と6秒以上の差をつける圧倒的なペースで周回を重ねていきます。

「Studie BMW M4」「muta Racing GR86 GT」「埼玉トヨペットGB GR Supra GT」が開始早々にピットストップを行いました。2回のピット消化義務があるとはいえかなりの変則ピットストップ作戦をおこないました。

 これで下位にしずむものの、「UPGARAGE NSX GT3」のリアタイヤが外れるアクシデントが発生しセーフティカーが導入されることにより差がなくなりました。

 1回目のピットストップが終わった後は、「SUBARU BRZ R&D SPORT」が1分以上も遅れる結果となりピットストップ作戦により明暗が分かれました。

 ここからは、レース開始早々にピットストップを敢行した 「Studie BMW M4」「muta Racing GR86 GT」「埼玉トヨペットGB GR Supra GT」3台によるトップ争いとなりました。

終盤までトップを走行していた「muta Racing GR86 GT」ですが、コース上で「Studie BMW M4」にオーバーテイクされてしまいます。その後、2台で接近バトルが続きました。その間に「埼玉トヨペットGB GR Supra GT」も接近し、3台によるトップ争いとなります。

 そして、59周目にシケイン飛び込みのブレーキングで「MOTUL AUTECH Z」が、「Bamboo Airways ランボルギーニ GT3」「apr GR86 GT」と絡んでのクラッシュが発生します。

そのままレースが終了したため、「Studie BMW M4」が優勝、2位に「muta Racing GR86 GT」、3位に「埼玉トヨペットGB GR Supra GT」という結果になりました。

スクロールできます
順位チーム車両タイヤベストタイム
1Studie BMW M4BMW M4 GT3ミシュラン2’01.391
2muta Racing GR86 GTTOYOTA GR86ブリヂストン2’00.781
3埼玉トヨペットGB GR Supra GTTOYOTA GR Supraブリヂストン2’00.717
GT300クラス 決勝結果

まとめ

 終盤までトラブルがありつつも接近したバトルがたのしめました。

今回、おおきなクラッシュが起きてしまいレースが赤旗終了となり残念な結果となりました。GT500クラスについては暫定のレース結果となりもう少し正式決定まで時間がかかりそうです。

 なによりもクラッシュに遭遇したドライバーはみなさん、命があるということが幸いでした。また、熱い夏のバトルを楽しみにしましょう。

車を乗り換えるなら

車を乗り換えるとき、下取りに出す方は多いと思います。

 でも少し待ってください。そのままだと安く買い取られるかもしれませんよ。見積比較で大幅に売却額が増える可能性もあります。

 時間に余裕のある時に一度査定をしてみるとお得に乗り換えられるかもしれません。各メーカー、モデルごとに強い買取店もありますので、査定をしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次