スーパーGT Rd.3 鈴鹿サーキット450kmの観戦レポートー予選編ー

スーパーGT Rd.3 鈴鹿 450kmの観戦レポート

まさぴよ

こんにちは
ブログ管理人のまさぴよです

まさぴよ

6/3~6/4に鈴鹿サーキットへスーパーGTを観戦しに行ったよ

かなぴよ

国内でも人気のレースだよね

かなぴよ

結果はどうなったのかな?

まさぴよ

まずは予選から書いていくよ!

目次

スーパーGTの進め方は?

6/3~6/4に鈴鹿サーキットで開催された、国内で人気のスーパーGTを観戦しに行きました。

6/3にフリー走行、予選、6/4に決勝が行われたスーパーGT Rd.3鈴鹿サーキット450㎞レースの模様をレポートします。

まず、スーパーGTの予選日の進行のおさらいです。

STEP
フリー走行

まずはGT500、GT300クラス混走で1時間25分、

GT300クラス占有走行 10分

GT500クラス占有走行 10分

フルコースイエロー(FCY)練習 20分

STEP
GT300クラス予選(Q1)

GT300クラスをA、B組に分けて予選を10分ずつ実施

STEP
GT500クラス予選(Q1)

GT500クラス参戦全チームによる10分間のタイムアタック

STEP
GT300クラス予選(Q2)

Q1のA、B組の上位16チームによる10分間のタイムアタック

トップタイムを出したチームがポールポジションを獲得

STEP
GT500クラス予選(Q2)

トップ8チームによる10分間のタイムアタック

トップタイムを出したチームがポールポジションを獲得

フリー走行

 予選日はフリー走行から観戦することができます。

 まずGT500クラス、GT300クラス混走による走行から開始されます。これから始まる予選・決勝に向けてセットアップを決める大事な走行時間ですね。1時間以上の走行時間がありますのでたっぷり楽しむことができます。

 コースやマシンの確認、セットアップ、ロングランとすることが多くチーム、ドライバーともに慌ただしく時間が過ぎていきますね。

 混走時間が終わると、GT300クラス占有走行時間が開始されました。

 GT500クラスは走行しませんので、GT300クラスのチームもじっくり走ることができます。コース上の台数も減りますので集中してセットアップを煮詰めることができますね。

 GT300クラスのあとにGT500クラス占有走行が開始されます。コース上はGT500クラスの15チームのみが走行する時間となりました。コース上はマシンがほとんど走っていない状態となりますので、予選タイムアタックへむけたセットアップを行うチームが多いです。

 最後はフルコースイエロー(FCY)導入時の確認と練習が行われました。

かなぴよ

フルコースイエロー(FCY)とは?

 赤旗やセーフティカーを出すまでではない、小規模なアクシデント、デブリの改修などに対する安全確保の手段で、FCY実施中は80km/h以下での走行が義務づけられる。
 宣言後すみやかに黄旗が全ポストで振られ、この時点で追い越しは禁止。ドライバーは前後の安全を確保し、宣言から10秒後に全ポストでFCYボードが提示された時には80km/hまで落としていなくてはならない。
セーフティーカーラン(SCラン)との最大の違いは、安全上の問題がクリアされれば、トップの位置にかかわらずFCY宣言は解除されること。
 FCY宣言中のピットインは禁止されているが、宣言されそうだと、ピットロードに差しかかっていれば、ペナルティの対象にはならない。

 FCY練習中も走行が可能なため、各チーム積極的に走行を続けていました。

フリー走行タイム結果は、GT500クラスは日産、トヨタ、ホンダと各メーカーが僅差で争う結果となりました。

スクロールできます
順位チーム車両タイヤタイム
1リアライズコーポレーション ADVAN ZNissan Z GT500ヨコハマ1’45.474
2au TOM’S GR SupraTOYOTA GR Supra GT500ブリヂストン1’45.602
3ARTA MUGEN NSX-GTHonda NSX-GTブリヂストン1’45.686
GT500クラス フリー走行結果
スクロールできます
順位チーム車両タイヤタイム
1SUBARU BRZ R&D SPORTSUBARU BRZ GT300ダンロップ1’57.344
2JLOC ランボルギーニ GT3TOYOTA GR SupraLAMBORGHINI HURACAN GT3ヨコハマ1’57.412
3muta Racing GR86 GTTOYOTA GR86ブリヂストン1’57.548
GT300クラス フリー走行結果

GT300クラス予選

Q1

 予選の最初はGT300クラスのA、B組のタイムアタックから開始されます。

A組では、aprが今シーズンから走らせている「apr LC500h GT」がトップタイムを出しQ2へ進出しました。「Studie BMW M4」が2番手、今シーズンのここまで苦戦している「SUBARU BRZ GT300」が4番手でQ2への進出を決めています。

B組では、「ANEST IWATA Racing RC F GT3」が見事、トップタイムを計測しQ2へ進出、「リアライズ日産メカニックチャレンジGT-R」、「シェイドレーシング GR86 GT」が続いてQ2へ進出を決めました。

スクロールできます
順位チーム車両タイヤタイム
1apr LC500h GTLEXUS LC500hブリヂストン1’57.084
2Studie BMW M4BMW M4 GT3ミシュラン1’57.244
3Syntium LMcorsa GR Supra GTTOYOTA GR Supraダンロップ1’57.247
4SUBARU BRZ R&D SPORTSUBARU BRZ GT300ダンロップ1’57.254
GT300クラス Q1 A組予選結果
スクロールできます
順位チーム車両タイヤタイム
1ANEST IWATA Racing RC F GT3LEXUS RC F GT3ヨコハマ1’57.505
2リアライズ日産メカニックチャレンジGT-RNISSAN GT-R NISMO GT3ヨコハマ1’57.562
3シェイドレーシング GR86 GTTOYOTA GR86ダンロップ1’57.982
4HOPPY Schatz GR Supra GTTOYOTA GR Supraヨコハマ1’57.986
GT300クラス Q1 B組予選結果

Q2

 GT500クラスのQ1後に、いよいよスーパーGT 鈴鹿ラウンドのGT300クラス ポールポジションを決めるQ2が16台によって行われました。

 今シーズン好調の「muta Racing GR86 GT」「Syntium LMcorsa GR Supra GT」「シェイドレーシング GR86 GT」などトヨタユーザーチームが好タイムを記録していくなか、ここまで苦戦していた「SUBARU BRZ R&D SPORT」が復活のポールポジションを獲得しました。

スクロールできます
順位チーム車両タイヤタイム
1SUBARU BRZ R&D SPORTSUBARU BRZ GT300ダンロップ1’55.775
2GAINER TANAX GT-RNISSAN GT-R NISMO GT3ダンロップ1’56.095
3Syntium LMcorsa GR Supra GTTOYOTA GR Supraダンロップ1’56.454
4muta Racing GR86 GTTOYOTA GR86ブリヂストン1’56.484
5HOPPY Schatz GR Supra GTTOYOTA GR Supraヨコハマ1’56.552
6シェイドレーシング GR86 GTTOYOTA GR86ダンロップ1’56.798
7HACHI-ICHI GR Supra GTTOYOTA GR Supraヨコハマ1’56.827
8PONOS GAINER GT-RNISSAN GT-R NISMO GT3ダンロップ1’56.978
GT300クラス Q2 予選結果

GT500クラス予選

Q1

 GT500クラスは全車が参加してQ1が開催されます。いきなりGT500クラスの車両がコース上でタイムアタックが開催されるので迫力がありますね。

 ドライ路面で風強いコンディションのなか、コースインのタイミングにより各チームの戦略が分かれました。

Q1で最速タイムを計測したのは「WedsSport ADVAN GR Supra」、ホームチームとなるホンダNSXユーザーも3チームがQ2に進出するという結果になりました。

スクロールできます
順位チーム車両タイヤタイム
1WedsSport ADVAN GR SupraTOYOTA GR Supra GT500ヨコハマ1’44.366
2リアライズコーポレーション ADVAN ZNissan Z GT500ヨコハマ1’44.443
3Astemo NSX-GTHonda NSX-GTブリヂストン1’44.663
4ARTA MUGEN NSX-GTHonda NSX-GTブリヂストン1’44.876
5DENSO KOBELCO SARD GR SupraTOYOTA GR Supra GT500ブリヂストン1’44.881
6au TOM’S GR SupraTOYOTA GR Supra GT500ブリヂストン1’44.966
7MARELLI IMPUL ZNissan Z GT500ブリヂストン1’45.000
8STANLEY NSX-GTHonda NSX-GTブリヂストン1’45.231
GT500クラス Q1 予選結果

Q2

 予選の最後はGT500クラスのポールポジションを決めるQ2が開催されました。

 各チームとも早めにコースインし、入念にタイヤをウォームアップしています。最終ラップで各チームのアタックが開始されて次々とタイムが更新されていきました。

 最速タイムを記録したのは「リアライズコーポレーション ADVAN Z」でしたが、予選後の車検で「ガスバック容量違反」としてタイムが削除される結果に・・・。

 公式記録として、前戦で優勝した「au TOM’S GR Supra」がポールポジションを獲得しました。

スクロールできます
順位チーム車両タイヤタイム
1au TOM’S GR SupraTOYOTA GR Supra GT500ブリヂストン1’44.585
2WedsSport ADVAN GR SupraTOYOTA GR Supra GT500ヨコハマ1’44.679
3STANLEY NSX-GTHonda NSX-GTブリヂストン1’44.763
4MARELLI IMPUL ZNissan Z GT500ブリヂストン1’44.920
5DENSO KOBELCO SARD GR SupraTOYOTA GR Supra GT500ブリヂストン1’44.924
6ARTA MUGEN NSX-GTHonda NSX-GTブリヂストン1’44.945
7Astemo NSX-GTHonda NSX-GTブリヂストン1’45.275
GT500クラス Q2 予選結果

まとめ

 GT500クラスはホンダチームが好調にタイムを計測していきましたので、決勝でもいい位置でレースが出来そうな雰囲気がありました。トヨタチームも開幕から好調をキープしている印象ですね。ポールポジションを獲得した「au TOM’S GR Supra」が2連勝となるか!?

 GT300クラスは「SUBARU BRZ R&D SPORT」がついにポールポジションを獲得する復活の予感です。

「TOYOTA GR86」「TOYOTA GR Supra」のユーザーチームが好調なので、優勝争いに絡んでくるか楽しみです。

車を乗り換えるなら

車を乗り換えるとき、下取りに出す方は多いと思います。

 でも少し待ってください。そのままだと安く買い取られるかもしれませんよ。見積比較で大幅に売却額が増える可能性もあります。

 時間に余裕のある時に一度査定をしてみるとお得に乗り換えられるかもしれません。各メーカー、モデルごとに強い買取店もありますので、査定をしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次