OGK Kabuto(オージーケーカブト) AeroBlede6(エアロブレード6)のウインドシャッターがなくなった話

OGK Kabuto(オージーケーカブト) AeroBlede6(エアロブレード6)のウインドシャッターがなくなった

まさぴよ

こんにちは
ブログ管理人のまさぴよです。

まさぴよ

OGK エアロブレード6のウインドシャッターがなくなったので、再購入した話だよ

かなぴよ

巻き込み風を減らして快適にするアイテムだよね

まさぴよ

どんなアイテムかも説明するね

乗り換えで避けられない買取査定。

「他の買取店ならもっと高く売れたかも、、、」

一括査定をすると、色んな会社とまとめて査定交渉をするのが面倒。

無料出張もしてくれて高価買取金額を提示してくれるバイクワンを利用してみるのもひとつの手。

不動車・事故車も対応しているので、乗り変える気がなくても気軽に試してみよう。

目次

OGK AeroBlade6(エアロブレード6)のウインドシャッターとは

 OGK  AeroBlade6(エアロブレード6)のレビュー記事を書きましたが、今回は付属アイテムのお話です。

OGK  AeroBlade6(エアロブレード6)には、あご下からの巻き込み風を低減し、静粛性をたかめるアイテムが装備されています。

https://www.ogkkabuto.co.jp/motorcycle/products/fullface/aeroblade6/aeroblade6/technology.html


ヘルメット本体とは別体で、材質は布製となっており、後からヘルメット本体の隙間に差し込んで装着するアイテムです。ヘルメット下部からヘルメット内へ侵入する風を低減することで、静粛性の向上させる快適なアイテムなのですが、装着するための「ツメ」部分が短く抜けやすい構造をしています。。

 ツメが短いため、頑張って差し込んだあとにヘルメットを脱ぐとウインドシャッターも一緒に外れてしまいました。
差し込む箇所はしっかりと入るのですが、ツメが短いうえに、「返し」がないために外れやすいのだと思われます。

もう一度購入!

今回も気づかないうちに固定が緩んでおり、使用中にどこかへいってしまったようですね。
ないと風の巻き込みも多いので、Amazonでぽちりました。

お値段は1100円・・・

なくなりやすいパーツのわりにいいお値段がしますね。
ふたたび、ヘルメットの隙間に差し込んで装着します。

やはりウインドシャッターがあるかどうかで快適性が変わります。
夏は涼しいかもしれませんが、冬はこれがあると防寒にもなっていいですよ。

まとめ

というわけで、今回はOGK AeroBlade6(エアロブレード6)のウインドシャッターを再購入したお話でした。
補修部品として、メーカーが販売してくれているといざという時に助かりますよね。

みなさんもウインドシャッターがなくならないようにご注意くださいね。

乗り換えで避けられない買取査定。

「他の買取店ならもっと高く売れたかも、、、」

一括査定をすると、いっせいに査定交渉の連絡が来て、相手をするのが面倒ですよね。

最近はオークション方式の一括査定会社KATIXで、最高額提示会社とだけ交渉可能。スマホに通知が来るだけなんで楽です。

匿名で査定することもできます。乗り変える気がなくても気軽に試してみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次