ニッサンのEV(電気自動車)の充電プラン「ZESP3(日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3)」変更!

充電プラン「ZESP3(日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3)」変更!

まさぴよ

こんにちは
ブログ管理人のまさぴよです

まさぴよ

2023年6月から日産のEV充電プランが変更になったね

かなぴよ

どんな変更なんだろう?

まさぴよ

これまでのプランと変更内容を確認しておこう

乗り換えで避けられない買取査定。

「他の買取店ならもっと高く売れたかも、、、」

一括査定をすると、色んな会社とまとめて査定交渉をするのが面倒。

高値の買取店とだけ交渉できる「MOTA」を利用してみるのもひとつの手。

申し込みはスマホから簡単にできるので、乗り変える気がなくても気軽に試してみよう。

目次

ニッサンのEV充電プランとは?

これまでの充電プランは?

 次の車はHVかPHEVあたりになるのかと思い、いろいろ充電方法について調べていました。メーカー問わずに入会できる、ニッサン充電プラン「ZESP3(日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3)」が使いやすそうだと考えていました。そうすると、ニッサンのEV充電用プランが変更になっていることに気づきました。いつのまにか変わるのものですね。

 変更前のプラン内容をおさらいしていみましょう。

https://www.nissan.co.jp/EV/CHARGE_SUPPORT/ZESP3/

 3年契約の縛りがありますが、おすすめの「プレミアム20」で「4950円」でした。しかも、これまでは所有メーカー問わず申し込みができるので輸入車メーカーや日産以外の国産メーカーユーザーでも利用されている方が多かったようです。

 急速充電は「200分」、普通充電「無制限」となり基本料金内でも柔軟に経路充電が使用できる状態ですね。とくに普通充電時間が無制限だと旅行先に充電器があれば夜の間に充電をしての旅行プランを組みやすいのではないかと思います。

「ZESP3(日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3)」おさらい

  • 3年割引だと、月々1,650円の割引あり
  • 普通充電は使い放題
  • 所有車メーカーにかかわらず加入可能

あたらしい「ZESP3」

 さて、そんな「ZESP3(日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3)」がどのように改訂されたのか確認していきましょう。

日産プレスリリース

まずは、これまでの3年割引がなくなりました。これまでより、月々1,650円の出費が増えることになります。

 さらに、使い放題だった普通充電についても600分の制限がつきました。10時間分なので、旅行先のホテルなどで普通充電をしてもひと晩で使い切りそうな時間ですね。

 これまで急速充電は10分単位で課金されていたのですが、これからは1分単位での課金となります。

プラン以上に充電設備を利用すると、それなりの金額が請求されそうですね。

さらに、加入条件が変更され、日産車を所有する方のみ加入できるように変更もされています。加入までの条件ハードルが高くなりましたね。

「ZESP3(日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3)」変更後のポイント

  • 3年割引はなし
  • ニッサンオーナーのみ加入可能
  • 普通充電は600分までの時間制限
  • 急速充電の課金時間が「10分」→「1分」へ変更

まとめ

 最初に調べたときは所有メーカーに関係なく加入できるので、とりあえずEVかPHEVを購入したときは「ZESP3(日産ゼロ・エミッションサポートプログラム3)」に加入をすればなんとかなりそうと感じていました。

 しかし、そもそも他メーカー車のオーナーだと加入ができなくなりました。そのため、メーカー系のEVカードか充電ネットワーク系のカードを探して加入するしかなさそうです。これまでがユーザーがお得に感じる設定だったので、しょうがいないかなとも感じています。

 EVライフはもう少し先になりそうなので、じっくり考えていきたいと思います。

車を乗り換えるなら

乗り換えで避けられない買取査定。

「他の買取店ならもっと高く売れたかも、、、」

一括査定をすると、色んな会社とまとめて査定交渉をするのが面倒。

車のフリマ、「ガリバー」を利用されていはどうでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次