いよいよ開幕!スーパーフォーミュラ(SuperFormula)F1との違いもまとめ

日本最速のレース!SuperFormula(スーパーフォーミュラ)とは?

まさぴよ

こんにちは
ブログ管理人のまさぴよです

まさぴよ

まもなく開幕する「スーパーフォーミュラ」について
どんなカテゴリーかまとめるよ

かなぴよ

フォーミュラカーって見た目が似たカテゴリーが多いけど
どんな魅力があるのかな?

目次

スーパーフォーミュラについて

スーパーフォーミュラとは?

国内最高峰で最速のフォーミュラレースシリーズ。 レースに使用する車両やタイヤ・エンジンに性能の差が無い「イコールコンディション」のため、ドライバーの実力やチームの戦略が勝敗につながります。世界的に見てもF1に次ぐ速さをもち、F1に乗るために必要な「スーパーライセンス」が最短2年で取得が可能。それにより、世界の舞台で活躍している名だたるドライバーを輩出している、世界でも注目されているカテゴリーです。

https://superformula.net/sf3/about_sf/

 日本で開催されるフォーミュラカーを使用したレースの最高峰として開催されています。近年では、これから世界へ挑戦する若手ドライバーにも注目されて海外から参戦するドライバーも増えてきています。

 ホンダとレッドブルレーシング(https://www.redbullracing.com/jp-ja)が提携してからは、レッドブルレーシング育成ドライバーの成長のために参戦するドライバーがおり現在F1で活躍している「ピエール・ガスリー」選手も過去に参戦していました。

レッドブルレーシング育成ドライバーも参戦中

F1(Formula1)との違い

 ぱっと見はスーパーフォーミュラとF1マシンが似ているように見えますね。ざっくりですが、違いもまとめておきましょう。

スクロールできます

Formula1(F1)

SuperFormula(SF)
車体寸法
(全長×全幅×全高mm)
4,500~5,000×2,000以下×950以下5,200×1,900×980以下
エンジン形式1.6Ⅼ V型6気筒シングルターボ
(ERS 160ps)
2.0Ⅼ 直列4気筒シングルターボ
最大回転数
(rpm)
15,00010,000~12,000
燃料タンク容量100~110㎏60L
使用燃料E10燃料
(ガソリン90%+エタノール10%)
E10燃料
(ガソリン90%+エタノール10%)
最大出力
(ps)
800~1,000
(エンジン+ERS)
550
最大トルク
(N・m)
450~500490
重量(㎏)796以上700以上
タイヤサイズフロント・270/720R18
リア  ・405/720R18
フロント・270/620R13
リア  ・360/620R13
ラップタイム
(レコードタイム)
1分27秒064(2019)1分34秒442(2020)
F1・スーパーフォーミュラ比較

F1とスーパーフォーミュラのマシン・鈴鹿サーキットのラップレコードをまとめました。エンジン排気量はスーパーフォーミュラが2.0Lと大きいですが、やはり最高出力はF1のほうが大きくなりますね。F1はハイブリッドシステムを搭載しているので、単純比較はできません。ダウンフォース量もおおきいため、最低重量は96㎏以上重たいF1マシンがラップレコードも7秒以上も早いタイムを記録しています。

 2021年まで、F1でも13インチのタイヤが仕様されていましたが2022年より18インチのタイヤへ変更されました。これまでフォーミュラカーでは、小さいインチ数で扁平数がおおきい分厚いタイヤが一般的に使用されていましたので、大きな変化です。今後のスーパーフォーミュラで採用されるか未知ですが、ほかのカテゴリーでも採用されそうですね。

1 2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次