OGK KABUTO EXCEED(カブト・エクシード): 3年間使ってみた感想と評価

まさぴよ

こんにちは
ブログ管理人のまさぴよです

まさぴよ

3年使用した、OGK Kabuto「エクシード」の使用感を紹介するね

目次

OGK KABUTO EXCEEDの概要

OGK KABUTO EXCEEDは、2019年に発売されたオープンフェイスタイプのヘルメットです。OGK KABUTOの中でも最も軽量でコンパクトなヘルメットとして、都市部でのライディングに適しています。また、インナーサンシェードやベンチレーションなどの機能も充実しており、快適性も高いです。価格は3万円台と、同じクラスのヘルメットと比べてもリーズナブルです。

ライディング用のヘルメットとして人気の高いOGK KABUTOのEXCEEDは、コンパクトで快適なヘルメットとして注目されています。私はこのヘルメットを3年間使ってきましたが、その間に感じたメリットとデメリットを紹介したいと思います。この記事では、以下の項目について詳しく説明します。

  • デザインはコンパクトですっきりした印象
  • 内装はさらさらで夏場に汗をかいても快適
  • インナーサンシェードはレバーで素早く使用できて眩しさを軽減
  • ベンチレーションはインナーサンシェードが格納されているおでこには風が来ないが頭頂部から後頭部にかけては夏場でも快適
  • 走行中に操作するのは操作部が小さく操作しにくい
  • まとめとしてコスパがいいコンパクトなヘルメットで広い視界で快適にライディング

コンパクトですっきりした印象のデザイン

OGK KABUTO EXCEEDのデザインは、シンプルでスタイリッシュな印象を与えます。シェルは軽量で強度の高い素材で作られており、頭にぴったりとフィットします。シェルのサイズはXSからXLまで5種類あり、自分の頭のサイズに合わせて選ぶことができます。私はMサイズを使用していますが、重さは約1.3kgと、他のヘルメットと比べても軽いです。また、シェルの形状は、空気抵抗を減らすためにストリームライン型になっており、走行時の安定性も高いです。

シェルのカラーは、ブラック、ホワイト、シルバー、レッド、ブルー、グリーンの6色から選べます。私はシルバーを選びましたが、どの色も落ち着いた雰囲気で、バイクのカラーとも合わせやすいと思います。シェルには、OGK KABUTOのロゴやラインが入っていますが、派手すぎず、すっきりとした印象です。

内装はさらさらで夏場に汗をかいても快適

OGK KABUTO EXCEEDの内装は、肌触りの良い素材で作られており、汗をかいてもさらさらとしています。内装は、頬パッドとヘッドライナーの2つに分かれており、どちらも取り外して洗うことができます。私は、夏場には週に1回、冬場には月に1回くらいのペースで洗っていますが、色落ちや縮みなどはありませんでした。また、内装は、抗菌・防臭の効果があるということで、衛生面でも安心です。

内装の厚みは、頬パッドは約3cm、ヘッドライナーは約2cmと、適度なクッション性があります。頬パッドは、顔にぴったりとフィットするように、3D形状になっており、ヘルメットのずれや揺れを防ぎます。ヘッドライナーは、頭の形に合わせて調整できるように、ベルクロで固定されており、快適な装着感を得られます。私は、このヘルメットをかぶっても、圧迫感や痛みを感じることはありませんでした。

インナーサンシェードはレバーで素早く使用できて眩しさを軽減

OGK KABUTO EXCEEDの特徴的な機能の一つが、インナーサンシェードです。インナーサンシェードとは、シールドの内側にある、日差しを遮るためのサングラスのようなものです。インナーサンシェードは、ヘルメットの左側にあるレバーで操作できます。レバーをうえに押すと、インナーサンシェードが下りてきて、眼を覆います。レバーを上に押すと、インナーサンシェードが上がって、シールドに収納されます。この操作は、片手で素早くできるので、走行中にも簡単にできます。

インナーサンシェードの色は、スモークで紫外線を99%カットするということで、目の保護にも効果的です。インナーサンシェードは、眩しい日差しなどを軽減してくれるので、視界が良くなります。私は、このインナーサンシェードを使ってから、目が疲れにくくなったと感じています。

インナーサンシェードには、メリットだけでなく、デメリットもあります。一つは、冬場にインナーサンシェードが曇りやすいということです。インナーサンシェードは、シールドとの間に隙間があるので、呼気が入り込んで曇ってしまいます。私は、この問題を解決するために、シールドを少し開けたりしていますが、完全には防げません。

ベンチレーションは、頭頂部から後頭部にかけては夏場でも快適

OGK KABUTO EXCEEDのベンチレーションは、頭頂部に2つ、後頭部に1つの計3つの開閉式の穴があります。ベンチレーションは、ヘルメットの外側にあるスライダーで操作できます。スライダーは、大きくて目立つので、走行中にも見やすく操作しやすいです。ベンチレーションの効果は、穴の位置や大きさによって異なります。

頭頂部のベンチレーションは、風がよく入ってきます。頭頂部から後頭部にかけては、内装にある通気路によって、風が流れていきます。このベンチレーションは、夏場には涼しくて快適です。私は、このベンチレーションを開けると、頭がスッキリすると感じています。

おでこのベンチレーションは、インナーサンシェードが格納されている部分にあるので、風が入ってきにくいです。おでこには、風が直接当たらないので、暑くて汗ばむことがあります。私は、このベンチレーションを開けても、あまり効果を感じませんでした。

まとめ

OGK KABUTO EXCEEDは、コンパクトで快適なヘルメットとして、私は3年間使ってきましたが、満足しています。デザインはシンプルでスタイリッシュで、色も豊富で、バイクとの相性も良いです。内装は肌触りが良くて、汗をかいてもさらさらとしています。インナーサンシェードは、眩しさを軽減してくれて、視界が良くなります。ベンチレーションは、頭頂部から後頭部にかけては涼しくて快適です。価格も3万円台と、同じクラスのヘルメットと比べてもリーズナブルです。

もちろん、完璧なヘルメットではありません。インナーサンシェードは、冬場に曇りやすいし、操作しにくいです。おでこのベンチレーションは、風が入ってきにくいです。しかし、これらのデメリットは、工夫や慣れで解決できると思います。私は、このヘルメットのメリットの方が、デメリットよりも大きいと感じています。

OGK KABUTO EXCEEDは、コスパがいいコンパクトなヘルメットとして、おすすめです。広い視界で快適にライディングできると思います。もし、このヘルメットに興味がある方がいたら、ぜひ試してみてください。きっと、気に入ると思います。

ヨロストは、自動車整備用品や物流用品を取り扱う通販会社です。税込3,850円以上のお買い上げで送料無料(メーカー直送商品を除く)。

ヨロストでは、自動車整備士が使用する工具や物流用品を幅広く取り揃えており、使いやすさと品質に優れています。分からないことがあればお気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次