トヨタ「ランドクルーザープラド」がフルモデルチェンジ!新型は「ランドクルーザー250」になる

トヨタ新型「ランドクルーザー250」発表!70 ランドクルーザーも再販決定!

まさぴよ

こんにちは
ブログ管理人のまさぴよです

まさぴよ

ついにランドクルーザープラドがモデルチェンジするね

かなぴよ

モデル名が変わるみたいだけど、どう変わるのかな?

まさぴよ

それでは、新型「ランドクルーザー250」を見てみよう

目次

ランドクルーザープラド後継モデル発表

 これまで人気の「ランドクルーザー」のライトモデルとして販売されていた「ランドクルーザープラド」のモデルチェンジが発表されました。約14年にもわたって販売されていた「ランドクルーザープラド」ですが、新型では「プラド」のサブネームが消されてしまいました。

 2021年にモデルチェンジされた「ランドクルーザー300」につづき、「ランドクルーザー250」として販売されます。

エンジンやボディサイズ

スクロールできます

ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラド250
エンジン排気量
(L)
2.8L ディーゼル
(2.7L ガソリン)
2.8L ディーゼル
(2.7L ガソリン)
変速機6速AT
(6速AT)
8速AT
(6速AT)
全長(mm)48254925
全幅(mm)18851980
全高(mm)18501870
ホイールベース
(mm)
27902850
各製品の比較

 新型「ランドクルーザープラド250」には、各地域向けに2.4Lガソリンハイブリッドや、2.8Lディーゼルターボ+マイルドハイブリッドなどの仕様もあるようです。国内向けとしては、2.8Lディーゼル、2.7Lガソリンの2種類が発表されています。さらにディーゼルモデルについては、現行の6速ATから8速ATへ多段化されることで静粛性に貢献していますね。

 ボディサイズについては、プラットフォームが「ランドクルーザー300」と共通の「GA-Fプラットフォーム」を使用している影響でかなり大きくなりましたね。

とくに全幅1885mm→1980mmへとほぼ2mの全幅をもつことになりました。サイドミラーまで含めた全幅は現行「ランドクルーザープラド」よりも小さくすることで取り回しにも配慮されてはいるようです。

 ホイールベースが「ランドクルーザー300」と共通の2850mmとなることで、直進安定性や快適性が向上しているものと思われます。

エクステリア・インテリア

エクステリア

 モデルチェンジにより、デザインが大きく変更されています。これまでの無骨なデザインから、洗練されたすっきりした顔立ちになりました。

ベルトラインが下げられ、悪路での視界を確保しているほかにも、全体的に水平基調となることですっきりしていますね。悪路でパーツが損傷しても交換しやすいようにパーツが細かく分けられている点もポイントです。

 今回の発表では、三眼LED仕様と丸目仕様が展示されました。

 詳細ははっきりしていませんが、損傷しても交換しやすいようにパーツが分けれれているためヘッドライトもえらべるのかもしれませんね。三眼LEDだと、「ランドクルーザー300」、「LEXUS GX」と同じイメージとなりトヨタオフロードデザインとして統一感があります。よりランドクルーザーの世界を味わえるのではないでしょうか。

インテリア

インテリアも水平基調のすっきりしたものとなりまりましたね。視界を確保するために、インパネも低めにセットされています。また、近年の操作スイッチが煩雑になる点も操作性に考慮し機能的な配置とされています。

70 ランドクルーザー再販決定

 今回、「ランドクルーザー250」のモデルチェンジにあわせて、「70 ランドクルーザー」の再販も発表されました。9年ぶりに再販されることとなりましたね。

 エンジンはこれまでのガソリンエンジンから2.8Lディーゼルターボエンジンへ変更されました。トランスミッションは今回はATのみの設定となるようです。「70 ランドクルーザー」ファンからはどのような反応になるのか気になりますね。

 フレームはこれまで通り「ラダーフレーム」を採用したオフロードの走破性と耐久性を重視したものが継続採用されています。

まとめ

 「ランドクルーザー300」がモデルチェンジされて、「ランドクルーザープラド」もそろそろモデルチェンジがうわさされていました。デザインに関しては、「ランドクルーザー300」とおなじ方向性でデザインされ、プラットフォームも共通化されています。これまでは、「ランドクルーザー300」の下位モデルと認識されている点もありました。

今回は「ランドクルーザー250」へと変更されたことで、サイズ感やデザインで積極的にこちらを選ぶ方も増えそうですね。大きさは一回り大きくなったので、取り回しは大変になりそうですが、好きな方には刺さるのではないでしょうか。

 納期がかなりかかるかもしれませんので、気になる方はお早目に商談を開始していくださいね。

乗り換えで避けられない買取査定。

「他の買取店ならもっと高く売れたかも、、、」

一括査定をすると、色んな会社とまとめて査定交渉をするのが面倒。

高値の買取店とだけ交渉できる「カーネクスト」を利用してみるのもひとつの手。

申し込みはスマホから簡単にできるので、乗り変える気がなくても気軽に試してみよう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次