ハーレーから中型二輪免許で乗れるモデル・X350が発売!

ハーレーから中型二輪免許で乗れるバイクが発売される

まさぴよ

こんにちは
ブログ管理人のまさぴよです

まさぴよ

ついにハーレーから中型免許で乗れるバイクが発売されたね

かなぴよ

これまで大型バイクしかなかったハーレーの中型バイクは
どんなバイクなのかな?

まさぴよ

発表されたバイクを見てみよう

目次

「X350」発表!

これまで日本では「大型二輪免許」を持っていないと乗れない車種ばかりだったハーレー。しかし、世界的に人気がでている350㏄クラスに新しい車種を追加して発売されました。発表された内容をおさらいしていきましょう。

エクステリア

X350モーターサイクル | Harley-Davidson JP

これまでのアメリカンスタイルとはちがい、トラッカータイプのデザインとなりました。どことなくハーレーのイメージを感じますが、気楽に乗れそうですね。リアシートはショートタイプとなっています。ライダーズシートとの段差も大きいのでタンデム時はどうなのか気になりますね。

シート高は777mmとなっていますので、小柄なライダーでも足つきに不安を感じることはなさそうです。

X350モーターサイクル | Harley-Davidson JP

灯火類は最新のモーターサイクルらしくフルLED仕様です。ボディからみると小ぶりに見えますが、LEDで十分な明るさを確保しているようですね。

エンジン

X350モーターサイクル | Harley-Davidson JP

注目のエンジンは、350㏄水冷並列2気筒エンジンとなりました。やはりハーレーといえば、V型2気筒・Vツインエンジンの鼓動を感じながら走るものとイメージされます。今回はトラッカースタイルに合うように、コンパクトでパワフルな水冷エンジンが搭載されました。

GB350とスペック比較。

今回は「X350」「X500」の2車種が発売されることが明らかになりました。おなじく中型バイクと大型バイクでシリーズ展開され、人気のホンダ「GB350」と比較をしていきましょう。

スクロールできます

X350

GB350
サイズ
(全長mm)

2,110
2,180
重量
(㎏)
195179
シート高
(mm)
777800
排気量
(㏄)
350348
エンジン形式水冷並列2気筒空冷単気筒
最高出力
(hp (kW)/ rpm)
36(27) /8,500 20(15)/5,500
最大トルク
(Nm/rpm)
31/7,00029/3,000
燃料タンク容量
(L)
13.5 15
価格699,800円561,000円
各製品の比較

こうしてスペックシートを並べてみると、水冷エンジンを搭載したX350がコンパクトだとわかりますね。GB350が空冷単気筒なので単純に比較はできませんが、パワフルなエンジンスペックとなっています。

空冷のGB350が179kg、水冷のX350は195kgと水冷化による重量増も抑えられています。シート高もわずかにX350が低く設定されるなど、気軽に乗り出せるサイズにまとまっていますね。

まとめ

日本でもついに発表・発売されたX350。これまでのハーレーのイメージとはちがい、コンパクトなスポーツバイクとして人気が出るのか?

中型バイクがすこしずつラインナップを増やしていますね。新興国などで発売することを考えてコンパクトで価格も抑えつつ性能も妥協していないモデルが多く発売されています。

大型が増えた国内メーカーも、魅力的な中型バイクを増やしてほしいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次