トヨタから新しい「クラウン」!「クラウンスポーツ」発表!

新しいクラウンは「クラウン スポーツ」!

まさぴよ

こんにちは
ブログ管理人のまさぴよです

まさぴよ

トヨタからクラウンシリーズの新型車が発表されたね

かなぴよ

また増えたクラウンはどんな車なのかな?

まさぴよ

発表された内容を見ていこう

目次

トヨタ 新世代クラウンシリーズ

 発表されたクラウンは新世代となった「クラウン クロスオーバー」から始まる新世代クラウンシリーズの一台として販売されます。

トヨタ クラウン(クロスオーバー) | デザイン | トヨタ自動車WEBサイト (toyota.jp)

これまでのFRセダンから脱却し、FF(前輪駆動)中心の駆動方式への変更、さらにグローバルでも販売できる商品力をたかめた新世代のクラウンとしてフルモデルチェンジをしました。こんかいは、高級感がありながらもアクティブに運転をたのしめるスポーツSUVとして「クラウン スポーツ」が発表されました。

デザイン

さっそく「クラウン スポーツ」のデザインから見ていきましょう。

エクステリア

 エクステリアは「クラウン クロスオーバー」や最新のトヨタ車に共通する「ハンマーヘッド」ヘッドライトを中心にスポーツ性をアピールするようにハッチバッククーペのような流れるラインの外観デザインとなっています。

ヘッドライトをうすくすることで、グリル部分をだいたいに開放するスタイルは同じシリーズの「クラウン クロスオーバー」とイメージを共通にしていますね。テールランプ側は、ヘッドライトにくらべるとかなりオーソドックスな形状となっています。「クラウン クロスオーバー」のセダン×SUV×クーペのクロスオーバーデザインでリアライトもかなり独特のデザインとなったこととくらべると、SUVの使いやすさとの兼ね合いもあるのかもしれません。

 乗り降りの快適性を意識したという通り、スポーツ性を前面にだしつつもSUVスタイルにより素直にシートに座れる高さでまとまっていますね。

新型クラウン(スポーツ)を発売 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (global.toyota)

 SUVスタイルを強調するためか、ホイールサイズは21インチの巨大なホイールを装着しています。大径化すると乗り心地がかたく、突き上げもひどくなる傾向がありますが、そこはクラウンシリーズとして販売するため快適な乗り心地で提供されると思われます。

ホイールの周辺をみると、フェンダーモールが盛り上がり力強さをアピールしています。大径ホイールとあわせて、全高があるにもかかわらず、低重心をイメージさせ見た面の安定感にもつながっています。

ボディサイズは「全長4720mm×全幅1880mm×全高1565mm」となります。かなり大型化していますね。

インテリア

インテリアは各操作系をまとめて配置する「アイランドアーキテクチャー」デザインを採用しています。

ドライバーの目の前には、「12.3インチ TFTフルカラー液晶メーター」が採用されています。液晶メーターにすることでさまざな情報を必要に応じて表示することができ、運転に集中することができますね。

メーターディスプレイから、ナビモニターまでを水平基調に配置することで手の動きもスムーズに移動できそうです。コネクテッド対応のディスプレイオーディオが装備されているようです。

シフトレバーやドリンクホルダーの形状は、発表資料をみたかぎりは「クラウン クロスオーバー」と同じようなデザインですね。おそらくワイヤレス充電なども装備されているものと思われます。

新型クラウン(スポーツ)を発売 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (global.toyota)

エンジン・足回り

エンジン

今回の発表では、直列4気筒 2.5L 直噴エンジンD-4S +モーター(THSⅡ)のHEVとPHEVの2種類のパワートレインが発表されています。HEVのWLTC燃費は21.3km/Lとなります。「RAV4」「ハリアー」などにも搭載されているHEVシステムで信頼性も高いですね。トヨタハイブリッド車でおなじみの「E-Four」を搭載した4輪駆動モデルとなります。

販売当初はHEVのみ販売され、あとからPHEVの詳細も公開されるようです。

スクロールできます
クラウンスポーツ・Z
HEV
パワートレイン直列4気筒 2.5L
直噴エンジンD-4S
+モーター(THSⅡ)
最高出力137kW(186ps)/
6,000rpm
最大トルク219Nm(22.5kgm)/
3,600rpm
フロントモーター・最大出力88kW(119ps)
フロントモーター・最大トルク202Nm
リアモーター・最大出力40kW(54.4ps)
リアモーター・最大トルク121Nm(12.3kgfm)
システム出力172kW(234ps)
バッテリー容量5Ah
WLTC燃費21.3km/L
HEVスペック

足回り

足回りもスポーツ性を考慮したセッティングとなっています。フロント・マクファーソンストラット式、リア・マルチリンク式を採用したサスペンションとなっています。

トヨタ クラウン(スポーツ) | 機能・性能 | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (toyota.jp)

安全装備

すっかり定着した予防・衝突安全装備ですが、「クラウン スポーツ」にもしっかり採用されています。

トヨタ・セーフティ・センス(Toyota Safety Sense)、で7つの安全装備が装備されています。アダプティブハイビームシステム[AHS]も装備されていますので、夜間も明るく周辺が見ることができ、自動で対向車や前走車の部分だけをロービームにしてまぶしくないようにサポートしてくれます。

トヨタ クラウン(スポーツ) | 機能・性能 | 安全性能 | トヨタ自動車WEBサイト (toyota.jp)

カラー

ボディカラーはモノトーンと2トーンカラーが用意されています。モノトーン6色、2トーン5色で好みに合わせて選ぶことができます。

 内装も「ブラック」と「ブラウン」の2色ありますので、それぞれボディカラーやこのみで合わせることができます。

まとめ

あたらしいクラウンシリーズとして「クラウン スポーツ」が発表されました。パワートレインはこれからの電動化時代にも対応できるようにPHEVとHEVが用意されています。価格はHEVモデルで5,900,000 円(税込)となります。かなりの高額になってしまいますが、安全装備や快適装備も充実していますので気に入った方は購入する価値があるのではないでしょうか。

全幅が大きくなり、1880mmとなります。市街地では少し大きく感じるサイズかと思います。価格と大きさ、高級車として販売されてきたクラウンですが新世代になって本当に変わりましたね。

走りも大きく変わっているようなので、楽しみですね。

乗り換えで避けられない買取査定。

「他の買取店ならもっと高く売れたかも、、、」

一括査定をすると、色んな会社とまとめて査定交渉をするのが面倒。

高値の買取店とだけ交渉できる「MOTA」を利用してみるのもひとつの手。

申し込みはスマホから簡単にできるので、乗り変える気がなくても気軽に試してみよう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次