ホンダ新型250㏄バイク・CL250のデザイン・価格とは?

CL250はどんなバイク?

まさぴよ

こんにちは
ブログ管理人のまさぴよです

まさぴよ

発売前から話題だったホンダCL250が遂に発売したね

かなぴよ

大人気になりそうだけど、どんなバイク?

まさぴよ

今回はCL250についてまとめていこう

乗り換えで避けられない買取査定。

「他の買取店ならもっと高く売れたかも、、、」

一括査定をすると、いっせいに査定交渉の連絡が来て、相手をするのが面倒ですよね。

最近はオークション方式の一括査定会社KATIXで、最高額提示会社とだけ交渉可能。スマホに通知が来るだけなんで楽です。

匿名で査定することもできます。乗り変える気がなくても気軽に試してみましょう。

目次

新型バイク CL250発売

 ホンダから新型バイク「CL250」が2023年5月18日に発売されました。すでに発売されている「レブル250」のコンポーネントを使用して開発されたバイクです。

 レブル同様、今回は「CL250」「CL500」と250㏄と500㏄の2本立てでシリーズ展開されています。普通自動二輪免許(中型免許)で運転ができ、車検も必要ないことから今回もCL250に人気が出そうですね。

CL250のスペックは?

 レブル250と比較しながらCL250のスペックを確認しましょう。参考までに「CⅬ500」のスペックも載せておきますね。

スクロールできます

レブル250

CL250

CⅬ500
全長 (mm)2,2052,1752,175
全幅 (mm)820830830
全高 (mm)1,0901,1351,135
ホイールベース (mm)1,4901,4851,485
シート高 (mm)690790790
車両重量 (kg)171172192
燃料消費率(WMTCモード値)
(km/L)
33.734.927.9
総排気量 (cm3)249249471
最高出力
(kW[PS]/rpm)
19[26]/9,50018[24]/8,50034[46]/8,500
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
22[2.2]/6,50023[2.3]/6,25043[4.4]/6,250
燃料タンク容量 (L)111212
タイヤ前:130/90-16M/C 67H
後:150/80-16M/C 71H
前:110/80R19M/C 59H
後:150/70R17M/C 69H
前:110/80R19M/C 59H
後:150/70R17M/C 69H
価格610,500円
(消費税抜価格 555,000円)
621,500円
(消費税抜価格 565,000円)
863,500円
(消費税抜価格 785,000円)
商品HP商品HP商品HP
レブル250・CL250・CL500の比較

 比較してみると、シート高が少し高くなり車重は変化していないですね。もともと足つき抜群だったレブル250ですが、CL250の790mmもかなり足つきが良さそうです。

 エンジンスペックは、レブル250よりも高回転のパワーが無くなったかわりに低い回転でトルクが発生するセッティングがされています。スクランブラーとしての特性として多少荒れた道も走りやすくなっていますね。

 最大馬力・トルクの発生回転数も下げられている関係から燃費も向上しています。タンク容量12Lですので、400km程度の距離は走れそうですね。

 スタイルを変えたことにより、タイヤサイズも変更されています。前19インチ、後ろ17インチでラジアルタイヤを装備されています。サスペンションのセッティングも変更されているのでレブル250から乗り味がどれだけ変わっているか楽しみです。

フルLEDの灯火類と多機能メーター

 最近のホンダバイクの定番となってきている、フルLEDの灯火類を採用しています。ヘッドライトやウインカーなど、レブルと共通パーツもありますが上手く取り入れていますね。

ホンダ CL250

 多機能なメーターもレブル250と共通になっています。

 多彩な表示を反転液晶内にうまく配置されていて視認性も高くなっています。

ホンダ CⅬ250
  • スピード
  • ギアポジション
  • 時計
  • 燃料計
  • トリップメーターA、B
  • オドメーター

マフラーは専用設計

ホンダ CL250

 エンジンはレブル250と共通ですが、スクランブラースタイルになるため、マフラーは専用のアップタイプが装備されています。レブル同様、歯切れのいいサウンドが聞けそうですね。

カスタムパーツも豊富

 純正のスタイルも良いですが、やはりスクランブラースタイルのバイクはカスタムも個性を出したいところ。純正やアフターパーツメーカーからはどのようなパーツが出ているのでしょうか。

ホンダ純正アクセサリー

カスタム人気を反映するようにホンダが純正品としてカスタムパーツが販売されています。

それぞれイメージに合わせたパッケージとしても販売されていますので、そちらを紹介していきましょう。

オフロード走行

https://hondago-bikegear.jp/bike/detail/103

オフロード走行をイメージして、フェンダー、ナックルガード、ビキニカウルを装備したオプションパッケージです。

ツーリング仕様

https://hondago-bikegear.jp/bike/detail/103

 ツーリングに最適なパーツを組み合わせたツーリングパッケージです。日常使いにも便利なアイテムが満載させれていますね。

アフターパーツメーカー

 純正のほかにもアフターパーツメーカーからもかなりの数のカスタムパーツが発売されています。

ドレスアップやマフラー、ハンドル回りなど多彩なパーツのなかから、おもなものを紹介しますね。

まとめ

 CⅬ250についてまとめてみました。大人気のレブルから派生したこともあり、灯火類やメーターなどデザイン余熊まとめられています。スクランブラーモデルの外観もモチーフにしていますが、オンロードメインのためツーリングも気軽に出かけられるモデルとなっています。

 人気が出ると、カスタムパーツが販売されますね。ほかの人と同じが嫌な方には自分のセンスでパーツを組み合わせてオリジナリティをだせるので買ってからも楽しめるかと思います。

バイクを乗り換えるなら

バイクを乗り換えるとき、下取りに出す方は多いと思います。

 でも少し待ってください。そのままだと安く買い取られるかもしれませんよ。

 時間に余裕のある時に一度査定をしてみるとお得に乗り換えられるかもしれません。各メーカー、モデルごとに強い買取店もありますので、査定をしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次