人気の軽自動車・新型NBOXノーマルとカスタムの実車を見てきた!

新型NBOXの実車を見てきた

まさぴよ

こんにちは
ブログ管理人のまさぴよです

まさぴよ

新型NBOXの先行展示が近くであったので見てきたよ

かなぴよ

日本で一番売れている軽自動車の新型はどうなったのかな?

まさぴよ

フルモデルチェンジのポイントと実車を見た感想を書いていくね

目次

フルモデルチェンジしたNBOXのポイント

2023年にあたらしくなるNBOX。どんなモデルチェンジをするのか確認してみましょう。

展示車両のまわりにはロープが設置され、乗り込むことができなかったので見える範囲で感想を書いていきます。

NBOXノーマル

新型NBOXもノーマル・カスタムの2本立てのグレード構成となっています。

プレーンなノーマルとよりデザインをアグレッシブにしたカスタムという、これまで通りの組み合わせとなります。

ノーマルのNBOXのフロントフェイスはより親しみやすい丸いヘッドライトを基本に、サイドのキャラクターラインも少ないためにシンプルな生活に寄り添うやさしいデザインとなっています。

内装も、ベージュ?ともホワイトともいえる色合いでした。黒内装とはちがい、より解放感と広さを感じさせるために広々とした空間を体験できそうです。

カタログなどで見るよりも実物はシンプルな内装に見えます。

2代目ではかなり凝った造形だったので、毎日使う車としてよりシンプルを目指しているようですね。

シートアレンジによる室内空間の広さは一般的なスーパーハイトワゴンの広さを継続しています。ですので、内装がシンプルになってもシートアレンジによる使い勝手はこれまで通りできますよ。

展示車両はオプションの「コンフォートパッケージ」を装着していますので、運転席・助手席バックテーブルと後席アームレストを装備していました。やはりNBOXといえば、リアシートのアームレストが印象的なので装備するかたもおおそうですね。

リアゲートはほぼ全体はひらくほどの大開口です。これだけ開くと荷物の出し入れは楽にできそうですね。今回からノーマルもフルLEDの灯火類となりました。面発光するテールランプは綺麗でしたよ。

NBOXカスタム

今回のNBOXカスタムもノーマルと同様にシンプル路線でデザインされています。

ヘッドライトもいままでのNBOXカスタムよりもやさしい造形になっています。グリルやバンパーもノーマルと色使いを変えて共通化しているようにも見えますね。とはいえ、シンプル路線の新型NBOXであればカスタムでもおなじくシンプルなデザインとなりました。

内装の基本デザインはノーマルと共通です。フロントドアの内張やドアの表皮はNA・ターボとコーディネートスタイルで変わります。しかし、アームレスト部分以外は基本的にプラスチック材質となります。

ドアポケットの収納もアームレスト前の小さいポケットと最下段のポケットの2か所のみとなります。

カスタムのリアビューも基本デザインはノーマルと共通ですね。フルLEDの灯火類で、テールランプ部分がクリアとなります。2代目ほど差別化されていませんね。点灯状態は見れませんでしたがおなじく面発光するテールランプはきれいに光りそうですね。

まとめ

新型NBOXの実車をみて感じたこと書きました。WEBやカタログの写真ではわからない質感を確認することができました。

デザインはいまのホンダデザインに共通するシンプルなデザインなので、年齢に関係なく乗れそうです。ただ、内装の質感はたしかに2代目よりは低く感じます。ただ、軽自動車として考えるとそれほど悪いとは思えなかったので、ここは個人で差が出そうです。

乗り換えで避けられない買取査定。

「他の買取店ならもっと高く売れたかも、、、」

一括査定をすると、色んな会社とまとめて査定交渉をするのが面倒。

高値の買取店とだけ交渉できる「MOTA」を利用してみるのもひとつの手。

申し込みはスマホから簡単にできるので、乗り変える気がなくても気軽に試してみよう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次