トヨタ新型「C-HR」発表!新しいC-HRのデザインは?

トヨタ新型「C-HR」発表!

まさぴよ

こんにちは
ブログ管理人のまさぴよです

まさぴよ

海外で新型「C-HR」が発表されたね

かなぴよ

新しい「C-HR」はどんな進化をしたのかな?

まさぴよ

内外装を中心に見てみよう

新車をお得に乗る方法はないのか・・・

最近は車のサブスクで乗っている方が多くなりました。

人気のトヨタ車に早く乗るなら「KINTO」がお得!

ぜひ見積もりから登録をよろしくお願いします!

目次

C-HRとはどんな車?

 海外でフルモデルチェンジされた「C-HR」ですが、どんな車だったのでしょうか。日本でも販売されていましたので、ご存知のかたも多いかと思いますがおさらいしてみましょう。

 現行モデルは2023年7月に生産終了となります。

 C-HRとは、トヨタから販売されていたクーペスタイルのSUVです。実用性もほどほどに斬新なデザインで発表されて人気がでていたモデルになります。

https://toyota.jp/c-hr/

 リアドアノブをCピラーに埋め込むなど、パーソナルユースがメインとなるようでデザインですね。

https://toyota.jp/c-hr/

ラインナップは1.8Lハイブリッドと1.2Lターボが用意され、1.2Lターボには6MTもラインアップされています。

「C-HR」がフルモデルチェンジ

 発売から7年が経過した「C-HR」もついに、2023年6月にフルモデルチェンジが発表されました。

エクステリア

 発表された新型「C-HR」のエクステリアから見ていきましょう。

新型プリウスとおなじように最近のトヨタデザインですね。

ヘッドライトは「ハンマーヘッド」の薄型LEDヘッドライトが搭載されています。テールは現行の「C-HR」のデザインを強く継承し「C-HR」であることをイメージさせています。前後ともにすっきりしていますね。

 すっきりしたエクステリアのなかで、一番目を引くのはテールライト間でモデル名を発光させる演出は衝撃的ですね。いままではエンブレムをとりつけていたものを光らせてアピールすることはこれまでされていなかったかと思います。

 ドアハンドルは格納式としてサイドビューをすっきりさせています。フロントドアの格納は写真からもわかりますが、リアドアはノブが見えません。後端にノッチのようなものが見えますので、電動ノッチ式かもしれませんね。

インテリア

 発表されたモデルは「GRスポーツ」なので、シートはスポーツシート形状のものが見えます。ホールド性がたかく、移動中も快適そうですね。

 メーターもフル液晶タイプが採用されています。サイズはわかりませんが、12.3インチであれば現代のモデルと比べても見劣りしないように感じます。

 おおまかなインテリアデザインは、現行型モデルを引き継いでいるようです。現行モデルで、すでに操作性などが高い次元でバランスされていたのでしょう。

現行「C-HR」インテリア

パワートレイン

 現行「C-HR」はガソリンターボとハイブリッドがラインナップされています。

次期型のパワートレインのラインナップはどうなるのでしょうか。

ハイブリッド(HEV)

 現行プリウスでも採用された、1.8L・2.0L+モーターのハイブリッドシステムが採用されます。2.0Lバージョンでは、電動制御された全輪駆動「AWD-i」が選択できるようです。

プラグインハイブリッド(PHEV)

 EV走行能力が強化された「プラグインハイブリッド(PHEV)」もラインナップされます。エンジンは2.0Lが搭載されますので、バッテリー残量がなくなっても十分な走行性能が確保されています。

まとめ

 サイズや価格は不明な点もありますが、サイズ感はあまり変わらず、よりデザインを強化してモデルチェンジが実施されました。先進安全装備などが、現在のものへアップデートされていますのでドライブも快適になりますね。

 日本への導入は今のところ無いようですが、今後の発表に期待したいですね。

乗り換えで避けられない買取査定。

「他の買取店ならもっと高く売れたかも、、、」

一括査定をすると、色んな会社とまとめて査定交渉をするのが面倒。

高値の買取店とだけ交渉できる「カーネクスト」を利用してみるのもひとつの手。

申し込みはスマホから簡単にできるので、乗り変える気がなくても気軽に試してみよう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次